オリジナルTシャツはどんなときにつかう?

体育祭で団結するときに利用しよう

高校や大学等で行われる体育祭やその他のスポーツイベントでは、クラス対抗で点数を競ったりします。普段はそれほど仲良くないクラスだったとしても、こういうイベントの時は一致団結して優勝を目指すものです。そんな時にクラスが一致団結するための一つのアイテムとして利用できるのがオリジナルTシャツです。
オリジナルTシャツを作ることによって団結力が生まれます。どんなオリジナルTシャツが良いかというと、クラスでスローガンのようなものを作って、それを背中部分にプリントしたり、デザインを決めてロゴマークのようなものを胸元につけたりします。
こうすることで、団結力が出てきて、普段以上に結束力が強くなり、力が発揮できます。

スタッフとして目印になります

イベント会社等でスタッフが目立つためにオリジナルTシャツを作成することはよくあります。とても多くの来場者がある場合、誰がスタッフなのかよくわからないことがありますが、スタッフがみな同じカラー、同じデザインのオリジナルTシャツを着用することにより、スタッフ同士もわかりますし、お客さんからも誰がスタッフなのかわかりやすくなります。
お客さんとしては、スタッフに聞きたいことがあった時に、スタッフ用のオリジナルTシャツを着用していればすぐにわかります。こうすることによって、運営そのものが円滑に進むようになります。
また、スタッフの中でも担当ごとにカラーを別々にしておくことで、スタッフ間の連携も取りやすくなります。

オリジナルパーカーは専門の印刷業者などで作ってもらうことが可能です。自作のデザインを持っていくことが大切です。